行政書士VS社会保険労務士

行政書士VS社会保険労務士~書士会に関して~

行政書士と社会保険労務士は、どちらも試験に受かったら、地域ごとに分かれた連合会に所属する必要があります。

せっかくいろいろな費用を納付するのですから(それに年会費は毎年発生しますね)、できるだけ見返りを受けたほうがよいでしょう。実はこの点では、行政書士と社会保険労務士の条件や置かれた立場はあまり変わらないはずです。

※もちろん細かな違いは無数にあるでしょう。数えはじめたらきりがありません。しかし登録手続き等から見ても、けっこう似ています。

新人のうちの連合会との関係もまた、けっこう似ている模様です。新人向けにいろいろな研修会やセミナー等を開催していることも共通しています。
こうしたイベントは、新人の行政書士ないし社会保険労務士にとって、仕事を覚える上での第一歩となるものですが、残念なことにすべてのイベントが役に立つとは限りません。

これは毎年の参加者の間から聞こえてくる感想ですが、行政書士にしても社会保険労務士にしても、研修会の内容が充実していないことはあるようです。これはケースバイケースですし、運不運もあります。これからの受験者・合格者にとって大事なことは、イベントには当たり外れがあると覚えておくことと、早めにそれを見極める目を持つことでしょう。

※もちろん、連合会との関係は悪化させてはいけませんね。新人のうちは特に、仕事のやり方を覚えて確立することや、顧客を手に入れることが大事ですし、連合会が教えたり紹介してくれたりするケースはたくさんありますから。
 連合会との付き合い方は、個々人でよく考えることが大事ですね。

行政書士と社会保険労務士に合格?
難易度の高い2つの試験に合格できる勉強方法ならコチラ