行政書士VS社会保険労務士

行政書士VS社会保険労務士~ダブルライセンスの是非~

行政書士と社会保険労務士の資格ですが、どちらも取得すると社会的な評価が高くて報酬も高い仕事を
することができます。行政書士と社会保険労務士は難しい仕事をこなす分、試験に受かることが難しく
なっています。つまり、どちらかに受かるだけでもじゅうぶんに難しいのですが、あえて行政書士と社会保険労務士のダブルライセンス、つまり両方の資格を得ようとする人たちもいます。

行政書士と社会保険労務士のダブルライセンスを考える人が出てくるのは、どちらかの試験に受かって
資格を無事に手に入れたあとになることがほとんどです。
まだ行政書士にも社会保険労務士にも受かっていないうちからダブルライセンスを計画して実行しようとする人はまずいないようですが、それでもダブルライセンスを将来的な目標のひとつにしようとする人はいますね。しかし行政書士と社会保険労務士のダブルライセンスは、やるとしてもどうなのでしょうか? 

行政書士と社会保険労務士のダブルライセンスはもちろんたいへんですが不可能ではまったくありません。
どちらの資格もそう簡単には受かりませんから、片方だけ受かるよりもその倍の費用や勉強時間がかかることは覚悟しないといけませんが(もちろん、両方の勉強を一度にやるようなことはほとんど成功しないでしょう)。

どちらから先に狙ったほうがいいか? これについても答えはないようで、どちらからはじめても結果に変わりはなく、好きな資格からはじめればいいと思われますが、受験資格のことにここでふれておきましょう。
行政書士は受験資格がありませんが、社会保険労務士は受験資格が厳しく、たとえば最終学歴が高校卒業で、特別な職歴もないような場合は受けられません。
ただし、社会保険労務士の受験資格には「行政書士となる資格を有している」ことが入っています
つまりすぐに社会保険労務士を受けられない人がダブルライセンスを狙うなら先に行政書士に受かってからにしないといけないというわけですね。

行政書士と社会保険労務士のダブルライセンスを狙うことはたいへんですが、実現に向けて強い意志があれば、もちろん評価の高い資格をふたつ取得できて、担当できる仕事の幅が一気に広がります。
受験勉強についても、評価の高い通信講座や学校は行政書士も社会保険労務士も両方開講していることが多いですね。優秀な講座を使えば、両方の試験にストレートで合格することも夢ではありませんから、頑張ってほしいと思います。

行政書士と社会保険労務士に合格?
難易度の高い2つの試験に合格できる勉強方法ならコチラ