行政書士VS社会保険労務士

行政書士VS社会保険労務士~年収UPに向けて~

行政書士や社会保険労務士の試験に合格して、登録をして仕事をすることを思い描いている最近の志望者たちは、行政書士や社会保険労務士の年収の噂につられて勉強をはじめたという人たちも多いでしょうか? 
年収について華々しい噂が流れるとやはり気になるのは人情でしょう。
行政書士や社会保険労務士になって、年収が1000万円以上を超えている人たちや数千万という桁になっている人たちがいることは、ただの噂ではなく真実です。
これから行政書士や社会保険労務士になろうとするのだったら、年収1000万円台や2000万円台を目指すことは悪いことではないですし、ぜひそれくらいの目標を掲げてほしいものです。

そのいっぽうで、行政書士や社会保険労務士の年収に関しては失敗例の噂も流れています。
前の職業のときより下がってしまったという失敗談や、生活していけそうになくて廃業してしまったという失敗談もしょっちゅう流れています。

行政書士にしろ、社会保険労務士にしろ、年収に上と下でなかなか軽視できない格差が生まれていることは本当のことです。これは「士業」という職業の宿命でもあります。行政書士や社会保険労務士だけが、年収に格差があるのではないです。

それでは年収が低迷していたり廃業していたりという例では何が原因だったのでしょうか? 
自己アピールがうまくできていなかったり、仕事の進め方に問題があって次につなげられなかったりと
いった理由が多いようですが、「うまくいかなかった」だけではなく「そもそもあまりがんばっていなかった」 という例も少なくないようです。
せっかく行政書士・社会保険労務士になったのに、それほど仕事に没頭していない、そして年収も上がらないという人たちがわりと少なくないらしいことは意外かもしれませんが、これから試験を受ける人たちは、そうならないようにすればいいわけです。
年収が1000万円まではいかなくても、500~800万円くらいの年収になっている行政書士・社会保険労務士は本当にあちこちにいます。景気のいい成功までは至らなくても、それくらいの成功だったら多くの人たちがまずまず努力することでつかめます。1年目から高い年収を出すことはなかなか至難の業ですが、3年くらいかけて年収を数百万円以上増やしたという例は、本当に多いです。

行政書士も社会保険労務士も、年収には期待をかけていい資格だと書いていいでしょう。
軌道に乗せるまではたいへんですが、仕事をはじめる前にアドバイスをもらうこともできますし、次のページでは収入を安定させるための考察をもっと進めていきましょう。

行政書士と社会保険労務士に合格?
難易度の高い2つの試験に合格できる勉強方法ならコチラ