行政書士VS社会保険労務士

行政書士VS社会保険労務士~開業のうまみは?~

行政書士と社会保険労務士はいわゆる「士業」の一種です。「士業」といっても、いまだに弁護士や司法書士、会計士や税理士くらいしかしらない人たちも世の中には多いようですが、これらの資格のステレオタイプといったらおそらくは、「●●法律事務所」「○○会計事務所」なんて名前で事務所を開いている職業、なんてものではないでしょうか? 実際にそのステレオタイプはまったく間違っていません。
行政書士も社会保険労務士も、開業をして、自分の事務所をつくって顧客の依頼の解決にあたるという
イメージがまるごと当てはまる職業です。

つまり、行政書士も社会保険労務士も目指すのだったら開業を最大の目的にして、開業を成功させることを計画するのが、資格を取るうまみでもあります。開業は、一国一城の主になることで、誰かに養ってもらうことはできません。ようするに失敗の危険があることは間違いないのですが、それでも目指す価値はあります。
どうやったら行政書士や社会保険労務士で、開業がうまくいって、やりがいを味わえそうでしょうか? 

これについては行政書士でも社会保険労務士でも歴然とした違いはないかもしれません、どちらも開業をしてからずっと依頼や契約を一件でも多く手に入れる努力をしていくことになります。
名刺を配る、DMを作成する、Webを使ってアピールをする、といった具合にやったほうがいい手は多いですね。
登録をするときに、最低限のことは教えてもらえますし、その後も新人向けの研修会等は行われますからなるべく顔を出して情報を吸収するべきです。また、現職の人たちに早い段階からアドバイスを受けることもできればやったほうがいいです。これはコネがないと難しいですが、通信講座や学校を使うなら先生に教えてもらえるチャンスも生まれますからいい方法になりますね。

行政書士や社会保険労務士の資格をとってからいきなり開業をすることに抵抗を持つ人も多いでしょう。
どこか、既存の事務所で働かせてもらって、経験を積むという手もありますね。
行政書士は、以前は個人の事務所ばかりでしたが今では法人化も認められていますし、社会保険労務士にしても、若手の人材を使っているベテランの事務所は少数ながらあります
こういった大先輩の行政書士や社会保険労務士の事務所で働きながら開業の修練を積むか、他の士業の事務所や総合的な事務所(弁護士や司法書士、または税理士や会計士やFPほかいろいろありえます)
で雇ってもらっている人もいます

ただしこういった事務所はまだそんなに多くありませんし、大部分は他人を雇わない事務所ですから
自分が開業をしたい、働きたい地域でどんな事務所があるのか、行政書士・社会保険労務士に受かる前からあたりをつけておくべきでしょう。

行政書士も社会保険労務士も、開業をすることのうまみは昔も今も変わらず大きいです。むしろ今のほうが大きいくらいですが、本人の努力による部分が大きいですから、勉強をする間から先生をつかまえて質問をするなどして将来に備えるといいでしょう。

行政書士と社会保険労務士に合格?
難易度の高い2つの試験に合格できる勉強方法ならコチラ