行政書士VS社会保険労務士

行政書士VS社会保険労務士~優良講座の選び方~

行政書士や社会保険労務士は、今では日本全国のたくさんの人たちに目標にされる資格になりました。
行政書士も社会保険労務士も、まったく異なるタイプの人たちが目指しています。人それぞれ適性が違いますから自然と最適な勉強法も違うのですが、それでも通信講座(それも、行政書士・社会保険労務士の試験合格者を輩出した実績が多い講座)を使った勉強法は比較的多くの受験者におすすめすることができます。

ここまでは前のページでふれた通りですが、行政書士・社会保険労務士の通信講座も今では種類が豊富になりましたから、どれを選んで受講したらいいのか、初心者には判断がつきにくくなってしまいましたね。
適当に選んで申し込むわけにもいきませんが、初心者の受験勉強の支えになってくれて、行政書士or社会保険労務士試験合格まで挫折しないでたどり着けるようによく工夫が施されている優良な通信講座が
持っている条件をここで書き出しておきましょう! 

・教科書が見やすい(ただ文字だけの教科書では読みにくいです。図や表を多用していること、そして
イラストを挟んだり、モノクロではなくカラーを多用したページ構成になっていたりすることがベターです)
・教科書も他の参考書や教材も適宜いくつかに、何冊かに分けられている(軽量化が進められているほうが、持ち運びがしやすくなりますから、出先でも勉強ができます)
・音声形式の教材も選べる(Webからのダウンロード、またはCDが考えられます。CDは特に持ち運びが楽で、やはり軽量なプレイヤーとセットで持ち歩けば、電車の中でさえも勉強が続けられます!)
・映像形式の教材も選べる(Webでのストリーミング動画または、DVDが考えられます。DVDは映像の再生が安定していて特におすすめですね。とにかく、先生が目の前で講義を語りかけてくれる雰囲気になります! 
また、DVDにも2種類あります。学校の講義をただ撮影しただけのDVDと、オリジナルのDVDがありますがオリジナルのほうが、映像に無駄な部分がいっさい挟まりませんから効率的です)
・過去問だけの講座や、行政書士・社会保険労務士の試験本番直前対策の講座等をつくっている
(基本となる講座がいちばん大切ですが、それ以外にも、弱点を補うために単発で、格安の値段で申し込める講座が用意されていると重宝します!
・Webのシステムを使って、受講者をフォローしたり先生と密接にコミュニケートできたりするサービスがある
(通信講座といったら家で、ひとりでやるものです。先生との距離がありますから、それをカバーできるサービスが何種類もあることが大切です。特に今は、Webを使っていると非常に便利になります)

行政書士や社会保険労務士の通信講座も、需要があるためみるみる種類が増えてしまいました。
残念ながら、その全種類が優良だとはいえません。優良な通信講座を一発でつかみ、行政書士・社会保険労務士に一発で受かるために、ぜひ上記の条件を忘れないようにして講座を選んでほしいですね。

★ちなみに、上記の条件を全部備えていることを確認できている講座がこちらです。
サンプルなどを取り寄せて確認してみてくださいね。
→行政書士講座
→社会保険労務士講座

行政書士と社会保険労務士に合格?
難易度の高い2つの試験に合格できる勉強方法ならコチラ