行政書士VS社会保険労務士

行政書士VS社会保険労務士~講座こそ最善策?~

行政書士と社会保険労務士の勉強は、なんだかんだいって未経験者にはたいへんです(いや、経験者にしたってお茶の子さいさいというわけではありませんね)。
だいたい、行政書士も社会保険労務士も教科書を開いたところで、数回軽く読んで理解できるような
楽な代物ではありません(しかも教科書は極端に分厚いか、または何冊かに分けられているかのどちらかです!
読む量はトータルで、莫大なものになります)。
行政書士も社会保険労務士も、講座を受講して一流の先生に教えてもらわないことにはなかなか先へ進む糸口だってつかめないのが現状です。

というわけで、行政書士も社会保険労務士も最初から講座を利用するに越したことはないでしょう。
行政書士・社会保険労務士の「講座」というと、学校の講座のことも指しますが、先に通信講座のことを指すのが普通でしょう。

通信講座で行政書士や社会保険労務士の受験を目指すことの意義はどんなことでしょうか? 
独学と同じように、家でもどこでも好きな場所で勉強ができる(いちいち通学しなくていい)
・しかし、通学とほぼ同じように、プロの先生に丹念な指導をしてもらえる(勉強の仕方がわかります)
・しかも、学校に比べたら謝礼はだいぶ割安になることが当たり前(安いと、セットでも数万円です
・最近はサービスのレベルが高くなり、先生と離れていることのデメリットを感じさせないサービスが多い

通信講座は、独学と通学のふたつの相反する勉強法の長所を同時に発揮してくれるような勉強法ですね。
どこに住んでいる行政書士・社会保険労務士の志望者に向かっても通信講座だったら安心して推薦できるのはそのためでもあります。

それから、通信講座は行政書士にしても社会保険労務士にしてもかなり数が増えていて、学校の講座に
負けないくらい種類が豊富になりました。これは健全な市場競争が促されていることでもあって、自然とクォリティの向上が進められているという意味でもあります! 
まだ、行政書士や社会保険労務士という世界があることを知って間もない希望者には、一度通信講座を
使って勉強をはじめることをおすすめしたいですね。

行政書士と社会保険労務士に合格?
難易度の高い2つの試験に合格できる勉強方法ならコチラ