行政書士VS社会保険労務士

行政書士VS社会保険労務士~なるなら今!~

行政書士と社会保険労務士。このふたつの国家資格がよく話のネタになっていますね。
行政書士と社会保険労務士はどちらも、法律の世界を代表する国家資格になりつつあります。

ちょっと前まで、「法律で食べていく」「法律の専門家がいる事務所」というと、弁護士くらいしか思いつかない人も多かったのですが、行政書士と司法書士はいまやひそかに大きな人気がある資格に成長してしまいましたね。
行政書士も社会保険労務士も、地味な仕事だったのにこんなに様変わりしたのはどうしてでしょうか? 

簡単に見つかる理由はこれくらいでしょうか。
1.行政書士も社会保険労務士も、弁護士や司法書士に比べたら難易度がいくぶん楽になる
2.行政書士も社会保険労務士も、まだ伸びしろがある資格でこれからの変貌に期待が持てる
(実際に、行政書士でも社会保険労務士でも、年収が千万という桁に達している人たちがいます)

行政書士と社会保険労務士は、資格をとって仕事をしようと思うのだったらできるだけ早いうちに行動開始をしたほうがいいことも共通しているかもしれないですね。
なることができたらチャンスがいっぱいある、といっても同じことを考えている人たちが日本中にいます。
つまり競争相手がちょうど今激増しているということでもありますから、他人に先んじて試験に合格して、仕事をやりはじめてしまうに越したことはないでしょう。

行政書士も社会保険労務士も、司法試験ほどではないですが試験は楽勝には程遠い難しさですし、なりたいと思うのだったら知っておかないといけない情報も多々あります。
今がちょうど食べ頃といってもよさそうなこの2種類の資格について深く追究しているソースがないことに今さらながら驚いてしまいました。
そこで、僭越ながら自分が代わりにそれをやってみようかと思ったのがここを開設した動機です。
行政書士を目指したい人にも社会保険労務士に興味がある人にも、全ページを見落としなく読んでほしいと思います。

行政書士と社会保険労務士に合格?
難易度の高い2つの試験に合格できる勉強方法ならコチラ